アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介

アクセスカウンタ

zoom RSS アミノ酸より大きくタンパク質より小さい―各種アミノ酸のはたらき

<<   作成日時 : 2012/10/30 10:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ペプチドとは

 タンパク質は、化学的にはアミノ酸が順次結合して作り上げたものです。この結合は「ペプチド結合」と呼ぶ、非常に強いもので、アミノ酸にまでばらばらに分解するには、塩酸や硫酸のような強い酸と長時間加熱することが必要です。

 体の中では種々の消化酵素によって簡単にアミノ酸に分解しますが、タンパク質の一部は酵素の作用に抵抗して、アミノ酸が幾つか結合したままに残ることがあります。このような状態を「ペプチド」といい、アミノ酸2〜3個のオリゴペプチドから数十個(ポリペプチド)までのものまで、種々のものが出来ます。

 このペプチドとして結合しているアミノ酸がどんどん増えて大きくなっていくと、むしろタンパク質と呼んだほうが適当と思われますが、その境目については漠然としているようです。

 大ざっぱにいって、アミノ酸分子の重さの総計(分子量)が6〜7千以下をポリペプチド、それ以上をタンパク質として扱っています。

 ペプチドはタンパク質のように直接遺伝子の命令では作られず、完成したタンパク質分子が部分的に切れた一定の部分で、さまざまな生理活性を現すことが知られています。



食べたタンパク質からできる

 食べたタンパク質は消化管の中で種々の消化酵素によって、アミノ酸までバラバラにされて吸収利用されます。

 しかしタンパク質として結合しているアミノ酸の種類や順序によっては酵素の作用が効かなく、結果として幾つかのアミノ酸が結合した部分がペプチドとして消化管内に長く残ることになります。これらのうち人体に有効に働く作用を示すものが幾つか見い出されています。

 ペプチドとしてはアミノ酸2個(ジペプチド)から数十個のものまでまちまちであり、小さなものは腸から吸収されて体内で効果を示しますが、大きなペプチドは消化管から吸収できないので、消化管の管腔内で作用している可能性があります。

また、これらの効果は食べ物の摂取で直接現れるものもありますが、食品から分離したものを単独で与えて有効性を示す場合もあります。



タンパク質をつくり医療にも貢献している基礎栄養
「各種アミノ酸のはたらき」のさらに詳しいページを見る






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アミノ酸より大きくタンパク質より小さい―各種アミノ酸のはたらき アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる