アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介

アクセスカウンタ

zoom RSS シワやシミのない美肌づくりに―抗疲労とダイエットにアンセリン

<<   作成日時 : 2012/11/13 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

肌の衰えも活性酸素が関与

 アンセリンは、女性のアンチエイジングの強い味方でもあります。

 加齢につれて、素肌は少しずつ衰えていきます。これは誰しも避けられないことです。

 しかし、肌の衰え方は個人差が大きいのも事実です。

 30代で肌のシミやたるみが激しい人もいれば、50代を超えてもなおハリのある色白の素肌を保っている人もいます。両者の差はどこで生まれるのでしょうか。

 実は肌のエイジングにも、活性酸素が関係しています。活性酸素の中でも、シワとシミの両方に関係しているのが、太陽の紫外線によって生みだされる「一重項酸素」です。



シミ、シワができるしくみ

 皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下脂肪の三層でできています。

 紫外線を浴びると、表皮と真皮の中で一重項酸素が多量に発生します。

 すると、表皮ではメラニンという黒色の色素が沈着しやすくなって、シミ・ソバカスの原因となります。

 他方、真皮では肌のハリを保つスプリングの役目をしているコラーゲンが変性し、肌の弾力が失われます。その結果として生じるのがシワ、たるみです。



紫外線の害を退ける

 アンセリンは、一重項酸素を消去する働きもあります。ですから、紫外線による肌のダメージを防ぐ上で大いに有効です。

 また、アンセリンは素肌のハリを生みだすコラーゲンの合成をうながしたり、コラーゲンを作り直す作用もあります。

 肌のアンチエイジングには最適の食品なのです。



オーストラリアの取り組み

 オーストラリアでは、アンセリンを主成分とした外用薬が、コラーゲンの変性を抑える薬として国際特許を取得しているようです。

 オーストラリアは、巨大なオゾンホールが見つかった南極の近くに位置します。そのため、国を挙げて紫外線対策にとりくんでいます。

 おそらくその一環として、いち早くアンセリンの効果に注目したと思われます。



カツオとマグロに豊富な成分で痛風対策にも
「抗疲労とダイエットにアンセリン」のさらに詳しいページを見る







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
シワやシミのない美肌づくりに―抗疲労とダイエットにアンセリン アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる