アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介

アクセスカウンタ

zoom RSS 痴呆症対策にもうってつけの効果 ―高血圧はGABAで治す

<<   作成日時 : 2012/11/01 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



脳血管型痴呆の予防と回復に最適

 痴呆症は、脳卒中の後遺症として起こる「脳血管性痴呆」と、原因不明で脳が少しずつ萎縮していく「アルツハイマー病」に大別できます。

 このうち、脳血管性痴呆に対して、ギャバは卓効を示します。

 ギャバは、先に述べたように、脳卒中の発生を防ぐうえで大変有効です。

 また、脳卒中が起こったあとも、脳の血行をよくして、ダメージを受けた脳の神経細胞の修復を促し、その回復を助ける働きが期待できます。



アルツハイマー病対策の一助にも

 もう一つのアルツハイマー病にも、ギャバの効果が期待されています。

 アルツハイマー病の患者さんは、怒りやすい、暴力をふるうなどの興奮性の感情障害がみられますが、このような患者さんの脳では、ギャバの量が減っていることが明らかになっています。

 また、アルツハイマー病のみならず、脳内のギャバの量は年をとるにつれて誰しも減っていきます。とくに脳のなかでも記憶をつかさどる「海馬」と呼ばれる部分のギャバが大幅に減ることから、これが痴呆の発生に関与している可能性も考えられます。

 いずれにしても、ギャバを積極的にとって、脳内にいつも十分なギャバを満たしておくことは、脳の老化、ひいてはアルツハイマー病の予防に不可欠と思われます。

 すでに痴呆症状が出ている場合も、ギャバの働きで脳の血流をよくし、脳への酸素供給量を増やして、残っている神経細胞(とくに海馬)を最大限に活性化できれば、その回復の一助になることは十分考えられます。



脳卒中、心臓病、糖尿病、更年期障害、痴呆症に効果
「高血圧はGABAで治す」のさらに詳しいページを見る









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
痴呆症対策にもうってつけの効果 ―高血圧はGABAで治す アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる