アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「L−シトルリンで血管機能血流アップ」のブログ記事

みんなの「L−シトルリンで血管機能血流アップ」ブログ

タイトル 日 時
うるおいのある美肌づくりに―L−シトルリンで血管機能血流アップ
うるおいのある美肌づくりに―L−シトルリンで血管機能血流アップ 皮膚中の保湿因子の1つ  L―シトルリンは、私たちの皮膚にも比較的多く存在します。  皮膚は、外側から表皮・真皮・皮下脂肪に分けられますが、このうち、表皮の最上層にある角質と呼ばれる部分で、L―シトルリンは肌のうるおいを保つ天然の保湿因子として働いています。  そうしたことから、L―シトルリンは美肌成分としても注目されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/12 14:42
高血圧の予防と改善に最適―L−シトルリンで血管機能血流アップ
高血圧の予防と改善に最適―L−シトルリンで血管機能血流アップ 血圧が上昇するしくみ  L―シトルリンは、高血圧対策に大変効果的です。   高血圧とは、なんらかの原因で血液の流れが悪くなり、ポンプ役の心臓が、全身に血液をめぐらせるために必死でポンプ機能を高めている状態です。  血流が悪くなる主な原因としては、過度の血管収縮や動脈硬化の進行があげられますが、L―シトルリンはいずれの改善にも役立つことは2章で説明しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 14:41
2007年に「食品」として認可―L−シトルリンで血管機能血流アップ
2007年に「食品」として認可―L−シトルリンで血管機能血流アップ 日本人がスイカから発見  L―シトルリンが発見されたのは、1930年のことです。日本人の学者が、スイカの果汁から分離したのが最初でした。  このとき、スイカの学名である「Citrullus vulgaris」をもとに、シトルリン(Citrulline)の名がつけられたといわれています。  ちなみに、シトルリンはLタイプのほかに、Dタイプのものも存在します。自然界ではLタイプが一般的で、本書で紹介するのもLタイプのほうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/12 14:40
スイカから発見された天然成分―L−シトルリンで血管機能血流アップ
スイカから発見された天然成分―L−シトルリンで血管機能血流アップ 自然界に広く存在  L―シトルリンは、自然界の動植物に広く含まれているアミノ酸の一種です。  とくにウリ科の植物に多く含まれていて、スイカはその代表です。  私たちが普段食べている栽培種のスイカはもちろんのこと、アフリカ南部のカラハリ砂漠に自生している野生種のスイカのL―シトルリン含有量は、他の食品を圧倒しています(45ページの表)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 14:39

トップへ | みんなの「L−シトルリンで血管機能血流アップ」ブログ

アミノ酸の本―健康食品を解説した書籍のご紹介 L−シトルリンで血管機能血流アップのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる