燃焼系アミノ酸「L―カルニチン」―体脂肪を燃やし、運動能力を高めるL-カルニチン

遊離アミノ酸の一種

L-カルニチンは、私たちの体の中にも存在するアミノ酸の一種です。

人の体は、たくさんのアミノ酸でできていて、例えば、筋肉を作っているアミノ酸は基本的に20種類あり、それらhお互いに結合しあって「たんぱく質」という形で存在しています。

一方、同じアミノ酸でも、たんぱく質を形成しないものもあります。「遊離アミノ酸」と呼ばれるものがそうです。体内にはこの遊離アミノ酸が200種類ほど存在し、様々な働きをしています。その1つが、これから紹介するL-カルニチンです。



肝臓で絶えず合成されている

L-カルニチンが発見されたのは、およそ百年前の1905年のこと。ロシアの科学者が肉の中から分離し、ラテン語で肉を意味する「caris」に基づいて、L-カルニチンと命名したのが最初でした。

当初、L-カルニチンは、体内で合成できないビタミンの一種と考えられていました。そのため、「ビタミンBT」と呼ばれていた時期もありますが、近年になって体内で作り出せることが判明。毎日の食事で、必須アミノ酸のリジンとメチオニンを十分とっていれば、それらを材料にL-カルニチンを肝臓で合成できることがわかったのです。



一般に、成人の体内には20~24gのL-カルニチンが含まれています。その大部分は筋肉(骨格筋と心筋)に分布し、後で述べるように、エネルギーを生みだす重要な原動力になっています。



肥満解消、生活習慣病予防、運動能力向上に貢献
「体脂肪を燃やし、運動能力を高めるL-カルニチン」のさらに詳しいページを見る







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0