テーマ:各種アミノ酸のはたらき

アミノ酸より大きくタンパク質より小さい―各種アミノ酸のはたらき

ペプチドとは  タンパク質は、化学的にはアミノ酸が順次結合して作り上げたものです。この結合は「ペプチド結合」と呼ぶ、非常に強いもので、アミノ酸にまでばらばらに分解するには、塩酸や硫酸のような強い酸と長時間加熱することが必要です。  体の中では種々の消化酵素によって簡単にアミノ酸に分解しますが、タンパク質の一部は酵素の作用に抵抗して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食生活を豊かにするペプチド類―各種アミノ酸のはたらき

栄養以外の価値もある 食品に由来しないで体内で作られるペプチド類の中で、いろいろな生理作用を示すものがあります。 「グルタチオン」は3種のアミノ酸からなるペプチドで、肝臓内で有害な活性酸素を抑える抗酸化作用や解毒作用を示すので、単独に使われています。  肉や魚肉のうまさは、屠殺直後では現れず、必ず熟成という段階を経て得られる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アミノ酸にはD型とL型がある―各種アミノ酸のはたらき

光とアミノ酸の関係  川のそばで水底を眺めようとしても反射のため見えないことがあります。これは、通常の光が水の表面を通過する際、直進するものよりも屈折する光のほうが多いため、水底の情景が眼まで届かないからです。このようなとき「偏光プリズム」の付いたポラロイド眼鏡では直進光だけを拾うことによって、よく見えるようになり、釣りのときなど便利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家の「柱」に相当する「タテの構造」―各種アミノ酸のはたらき

タンパク質の摂取はアミノ酸の補給  赤ん坊が生まれてから母乳を飲んで、どんどん大きくなっていくのを見ていると、食べ物の成分が身に付いていくことが実感としてわかります。しかし成長しきった大人でもどうして食事しなければならないのでしょうか?  それは第一に体の活動に必要なエネルギーを作るため、第二には体のタンパク質を作るための原料として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more